• キリロム工科大 kit internship gear VR
  • キリロム工科大 kit internship trip
  • キリロム工科大 kit internship drone


キリロム工科大学は、
英語とIT先端技術を実戦の中で
学ぶことができる大学です

一般入試日程
【第1期 4月入学】2018年2月28日
【第2期 6月入学】2018年3月1日~5月11日



キリロム工科大学は、
英語とIT先端技術を実戦の中で
学ぶことができる大学です

一般入試日程
【第1期 4月入学】2018年2月28日
【第2期 6月入学】2018年3月1日~5月11日

学費について

キリロム工科大学は全寮制の4年生大学です。学費・食費・生活費全て合わせても4年間で約500万円、自宅から国立大学に通った場合と同じコストしかかかりません。学生支援機構の奨学金で全てが賄えてしまうので両親に経済的な負担をかけません。しかも卒業後に150万円から300万円の卒業時奨学金がもらえます。また、キリロム工科大学の奨学金提供企業で4年間働けばさらに200万円がもらえます。つまり、卒業後4年で学生支援機構全ての奨学金が返済できてしまう驚くべき仕組みです。

キリロム工科大 kit president with forest minister

英語について

キリロム工科大 kit class with harvard student

キリロム工科大学は英語が苦手な国に育った優秀な若者に英語でITを教える学校です。高校卒業時点で英検2級程度の能力があれば英語の力はそれ以上は問われません。授業は全て英語ですが、全て録音されているので何度でも授業を聞きなおすことができます。学生寮は4人部屋ですので毎日授業の振り返りをすることができます。卒業時には米国のIT企業で働けるレベルの英語力は身につきます。

世界で活躍するとは?

今高校三年生の皆さんが大人になる頃にはグローバル化は今以上に進みます。もちろん日本語だけでも仕事も生活も可能ですが、英語ができれば重要な仕事を任され高い給料をもらえる時代になるでしょう。現在の世界産業革命4.0の真っ只中にありますが、世界を席巻しているFAANG(*)やBAT(**)にいつでも就職できる能力を大学時代に得てから自分がやりたいことを探しましょう。キリロム工科大学は英語が苦手な国のリーダーがグローバルカンパニーに入れるような教育をしています。
*FAANG : 米国を席巻するネット企業Facebook, Apple, Amazon, Netflix, Googleの頭文字を取ったもの
**BAT : 中国を席巻するネット企業Baidu, Alibaba Tencentの頭文字を取ったもの

キリロム工科大 kit video workshop from Japan キリロム工科大 kit open ceremony 2017

キリロム工科大学では何をどのように学ぶのですか?

キリロム工科大 kit internship hololen testing キリロム工科大 kit design think workshop

キリロム工科大学は日本の大学制度の中ではなかなか実現できない教育方法を採用しています。日本や世界の未来の理想の大学のあり方を探求していて、教育制度がまだ整っていないカンボジアで日本やカンボジアの生徒を対象に様々なトライを行っています。大学は設立後4年目になりますがカンボジアのIT教育においては大きな成功を収めていて、ハッカソンなどのコンペでは初出場から5回全て優勝しています。(1つはカンボジアで1位)その教育方法はいくつものアイデアがちりばめられていますが、英語が苦手な高校生がグローバルITカンパニーで働けるようにデザインされています。一例を挙げますと学校内に設置された仮想ベンチャー企業でインターンシップを4年間行う。1年生の英語の授業はTEDを利用する。iPadを配布し全ての授業は録音されていてなんども聞くことができる。インターンシップの素材は先端ベンチャー企業から集め結果を全学生がシェアをするなどです。我々の学生の卒業生に対しては就職先企業が新入社員教育をする時間は大幅に削減されます。

キリロムの森とは?

カンボジアの軽井沢的な位置付けにある高原で1960年代に日本とカンボジア政府が共同で高原都市を開発しようと計画されていた場所です。カンボジアの内戦後は動物も減り、人が住んでいない場所となっていますが、その場所をカンボジア人にとっても世界にとってもステキな場所にしようというプロジェクトがvキリロムネイチャーシティです。

キリロム工科大 kit in resort from drone

キリロムの森になぜ街を作るのか?

キリロム工科大 kit in resort  キリロム工科大 kit students activities

キリロムは避暑地としてはカンボジアNo.1のロケーションにあります。環境に配慮した高原都市になるべき場所です。そこに、マイクロソフト登場後、インターネット登場後、フェイスブック登場後に出来た街らしく最先端のITを使って自然と融合した街を目指そうとしています。カンボジアはまだ貧しく一般国民が余暇を楽しむ段階にありません。街のスタート時は学園都市としてカンボジアの発展に寄与し、カンボジアの発展とともに変わっていく街を目指します。人材の層が薄いカンボジアの次世代のリーダーであるキリロム工科大学の学生がインターンシップでvキリロムネイチャーシティを作り上げることができれば教育的にも素晴らしいことだと考えています。

vキリロムネイチャーシティのコンセプトとは?

人生の大切な数年をここで過ごし、新たな人生へと旅立っていく場所と定義されています。キリロム工科大学の大学生だけでなく、自分探しをしている若者やリタイアしたばかりの初老のお年寄り、そしてキリロムで働く先生方のご家族もその後の良い人生を目指して毎日学んでいます。

キリロム工科大 kit resort in kirirom park
学長メッセージ

キリロム工科大学は日本人の考え方によって設立されましたが、日本に同じ学校はありません。
日本人にとっての未来の大学です。日本にこんな大学があったらいいなというコンセプトを具現化した大学です。
ひょっとすると世界でもユニークな大学かもしれませんが、大学が有名になるかどうかは学生の皆さんが成功するかどうかにかかっています。我々は学生に実戦の挑戦の場を提供し、皆さんの成功をサポートします。

現在は産業革命2.0が始まったばかりです。インターネットができ、フェイスブックができ、人工知能ができました。これまでの仕事の50%がなくなり、新しい仕事がどんどんできます。
みなさんがこれからどんな仕事に就くのか?夢はあると思いますがまだ決めないでください。新しいチャンスをどんどん掴んで行ってください。

[ 我々の大学の使命 ]
皆さんが成功することで大学が成功します。
我々の学校は決してプログラミングスクールではありません。皆さん誤解していますが我々の学校は産業革命2.0をマネージする人材を育てています。皆さんがベンチャー企業を起こしてもいいし、大企業の中でイノベーションを起こしても構いません。産業革命2.0はIT技術がもたらしていることは変わりません。
皆さんがこの大学を卒業するころには産業革命を起こせる人材になれることはお約束します。我々の大学は今は少し変わった大学に見えますが、将来我々の仕組みが世界の主流になるはずです。

ハーバードは世界で最も豊かな人たちが世界を変えようとしています。
我々KITも世界を変えます。世界の底辺から。
Let's Change the WORLD from Bottom of the Pyramid together

キリロム工科大 kit founder or principal
プロフィール

vKirirom Pte. Ltd. 創業者/CEO、A2A Town (Cambodia) 社長、キリロム工科大学学長
早稲田大学、東京工業大学修士卒。アクセンチュアを経て1998年に(株)デジタルフォレストを創業。日本一のアクセス解析ソフトを作り、2009年にNTTコムに事業売却(24億円)。 ASEANに移住し2012年にvキリロム事業をスタート、シリアルアントレプレナー。

インターンシップ 実戦で実力を磨く

インターンシッププログラムは企業から実際の開発案件を基に行います。学生はグループになり、実際の企業を模した「バーチャルカンパニー」を構成してリアルなビジネス感覚を養います。インターンシップで実現したプロジェクトは世の中に実際に出ることにより、その反応を見ることができます。

キリロム工科大 kit student internship project キリロム工科大 kit student internship project

起業家による外部講師

    キリロム工科大 kit external japanese lecture
    キリロム工科大学では不定期で起業家による特別講演を行っています。これまで上場企業CEO、ITベンチャーCEO、元ハーバード大出身者、シリコンバレーで働くエンジニアの方など多数の講演が実現されました。

キリロム工科大学のグローバル講師陣

  • キリロム工科大 kit teacher from oversea
  • 講師をまとめるMr.Leoを中心に世界から集めた講師陣が授業及びインターンシップのフォローを行います。現在ITをインド人の先生が、英語をフィリピン人の先生が教えています。
受賞歴
2017年度、本学生が5度のコンペティションに応募し5度全てで受賞しました。
これらの舞台は学生の力を試す良い機会となり、その実力が証明されました。
キリロム工科大 kit student award

2017 受賞歴

◆Microsoft Contest Programing 2017 in Imaging Cup of Southeast Asia (2位)
◆Women Techmaker Hakathon powered by Google in 2017 (1位)
◆SmartStart "Young Innovator Program" (上位5組入賞)
◆Teck Talk 2017 @Bar Camp ASEAN (1位)
◆Smart API Hackathon (1位)
全ての人にチャンスを

キリロム工科大学は世界中のあらゆるポテンシャルの高い学生へ(家庭の経済状況を問わずに)平等なチャンスを提供する理念があり、学費・生活費は国立大学の中でも最も安い水準で学ぶことができます。
それに加え、第2種奨学金とキリロム工科大学の特別な奨学金制度を利用することにより、実質負担金ゼロで入学から卒業までを迎えることも可能です。

    キリロム工科大 kit program
    キリロム工科大 kit internship student program キリロム工科大 kit internship student program

【第2種奨学金】

第2種奨学金は日本学生支援機構の制度となります。申し込み手続きは在学している学校の指示に従ってください。また第2種奨学金に関わらず他の奨学金を利用することも可能です。

【卒業生への後付奨学金制度】

最大で27,100USD(約300万円)の返済義務のない奨学金が卒業後に支払われる制度です。

【キリロム工科大学奨学金制度】

キリロム工科大学ではスポンサー企業に就職し4年間以上勤務した学生に対して、返却義務のない奨学金として20,000USD(約220万)を支給する制度があります。
上述の学費返却制度と合わせれば入学から卒業までの学費・生活費を最大で実質負担金ゼロとすることができます。
ロングステイ体験談

キリロム工科大 kit resident
進化する学園都市 vキリロムネイチャーシティに住む
2016年の年末、勤めている花まる学習会の高濱正伸代表から思いもかけない話を頂きました。「カンボジアに建てる学校のプロジェクトを任せる!」カンボジアのキリロムと言う山の上で、日本人起業家が山を切り拓き、将来10万人が暮らす学園都市を創っている。すでにリゾートは稼働し、隣接する敷地内にIT人材育成のための大学もできていると。そして、花まる学習会は、ご縁あってそこに小学校を創ることになったのだとお聞きしました。

初めて聞いたカンボジアのキリロムという地、一体どのような場所なのだろうかとすぐに調べてみると、日本人起業家猪塚武さんの名前とキリロムに関する記事がたくさん出てきました。猪塚さんの掲げる壮大なビジョンと日本ではできない実践教育、世界最先端IOC技術のネイチャーシティ、それらの言葉に心が躍り夢中になって記事を読みました。まだ見ぬ土地への不安よりも、ワクワクという好奇心と未知への冒険心の方が圧倒的に勝った瞬間でした。そうして「カンボジア、行きます!」と、勢いよく前髪をつかみ取った後には、チャンスの神様も呆れるほどのスピードですべてが進み、私はキリロムに創る花まるインターナショナルスクールの校長先生として赴任することになったのです。

キリロムは標高670Mの山の上にあり、カンボジアの避暑地として愛されている場所だけに、とても涼しく心地よい風が吹いています。手つかずの自然が近くにある暮らしは、日本の田舎暮らしにも似ています。違っているのは、そこに暮らす人達の多様性です。大学生だけでなく、壮大なビジネスモデルとそれを楽しむ様にやって来る多種多様な人材、世界中からリゾートにやって来るゲスト。まだあまり知られていない「秘境」にアンテナが立ち集まる人達ですから、かなり個性的で面白い感性を持った人達です。

キリロムネイチャーシティは50年かけて完成する長期でスケールの大きなビジネスプランです。猪塚さんが提唱されている、みんなで一緒に楽しもう!という「シェアード」のあり方が、魅力的なファーストペンギンをここキリロムへ引き寄せているようです。

プロフィール
すずき・まり 東京生まれの24歳。教育改革実践家として知られる藤原和博氏が当時校長を務めていた杉並区立和田中学校に入学。藤原氏の『よのなか科』に刺激を受け、幼い頃から憧れていた教育の道へ進むことを決心。その後大学はICUへ進学し、よりよい教育のあり方を求めてデンマークに留学。卒業後は、「メシが食える大人・魅力的な人」を育てることをモットーに独自の教育法を実践する高濱正伸氏に惚れ込み、そのまま弟子入り。氏が代表を務める花まる学習会に入社後は文科省へ出向。帰任後カンボジア小学校プロジェクトのリーダーに抜擢され、現在に至る。

会社概要
キリロム工科大 kit in Asia to Asia logo

A2A Town(Cambodia) Phnom Penh Office(カンボジア)
#253, 255 E0, Borey Bipup Thmey-Boeung Chhouk Road 2011
(Ouknhar Tri Heng Road), Street E; Khan Posenchey, Phnom Penh, Cambodia
vKirirom Pine Resort
#1 (White Shop), Elephant Road, Komsan area, vKirirom Pine Resort, Preah Soramarith-Kosamak National Park (Kirirom), Phnom Srouch District, Kampong Spue Province, Kingdom of Cambodia
A2A Town(Cambodia) 東京オフィス
東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号渋谷道玄坂東急ビル1F
tel:+81-50-3637-6523
電話する

資料請求

氏名
メールアドレス
メールアドレス(確認)

高校卒業(予定)年度

電話番号